Call: 0120-018-552

会社設立時のチェックポイント

会社設立の手続については,中小企業庁が提供している『起業マニュアル』などを参照し,手順に沿って進めていけば,起業する方がご自分でもできる作業です。
しかし,その後のスムーズな事業推進や資金調達のためには,必要な情報や選択できる可能性を把握したうえでスタートされるのが望ましいといえます。
ここでは,会社設立時に確認していただきたいポイントをご紹介しています。

会社名の決め方
会社名の決め方

会社法では,自分がつけたい商号(会社名)と同一商号の会社が同じ市区町村内にあっても,その商号(会社名)の会社を設立できると定められています。とはいえ,無条件で何でも認められるわけではありませんので,注意すべきポイントについてあらかじめ確認しておくことが必要です。

詳しくはこちら
本店所在地の決め方
本店所在地の決め方

会社を設立するときに定款に記載する事項のひとつとして,本店所在地があります。本店所在地を置く場所や手続を間違えた場合,ビジネスのスピードや拡大に影響を与える可能性がありますので,慎重に検討する必要があります。

詳しくはこちら
会社設立日と決算期
会社設立日と決算期

会社設立日と決算期も,会社を設立するときに定款に記載する事項です。会社設立日も決算期も自由に決めることができます。しかし,安易に決めた場合,業務に支障が出てしまったり,税金や資金調達などに影響が出てしまったりする可能性がありますので,ご注意ください。

詳しくはこちら
会社の目的の書き方
会社の目的の書き方

会社を設立するときに定款に記載する事項として,会社の目的もあります。会社の目的については,法律で決められている条件があったり,事業に必要な許認可の要件となっていたりする場合があるため,あらかじめ確認しておくことが望ましいです。

詳しくはこちら
資本金額の決め方
資本金額の決め方

資本金の額は自由に決められますが,極端に少ない資本金額で設立した場合,いろいろな不利益が発生する可能性があります。資金調達や税金に影響を与える場合もありますので,検討するための目安を把握しましょう。

詳しくはこちら
株式比率と株主の権利
株式比率と株主の権利

1名で会社を設立する場合は,自分で全株を引き受けて代表取締役に就任し,すべてを自分で決定することができます。何人かで事業を始めたり,第三者からの出資を受けたりする場合には,議決権の保有割合に注意する必要があります。

詳しくはこちら

会社設立や税務顧問に関する
ご相談は何度でも無料!
下記ボタンよりお電話ください。

Call: 0120-018-552

お問い合わせ