エステサロンを経営しており,回数券の販売を始めることにしたのですが,売上をいつの時点で計上したらいいのかわからず困っています。回数券を販売した時点になりますか?それとも,サービスを提供した時点で,売上を計上すべきでしょうか?

原則として,回数券を販売した時点で売上を計上します。商品引換時に売上計上を行いたい場合には,所轄の税務署長の確認を受けているなど,下記に記載した一定の要件を満たしている必要があります。

<商品引換時に売上計上を行う場合の要件>
  1. 法人が,商品の引渡し日が属する事業年度において収益を計上すること
  2. 商品引換券などの発行日の属する事業年度の終了日の翌日から3年を経過した日の属する事業年度の終了時において,まだ商品の引渡しが終わっていない商品引換券などの売上を当該事業年度の売上に計上することについて,あらかじめ所轄税務署長の確認を受けること
  3. 所轄税務署長の確認を受けた後も継続的に収益計上を行っていること

その他の税務に関するご質問

お問い合わせ

会社設立や税務顧問に関する
ご相談は何度でも無料!下記ボタンよりお電話ください。

  • 0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み
  • 0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

ページのトップへ

0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝対応)

0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝対応)