新たに個人事業を始める場合,税務署への届出が必要な書類を教えてください。

個人が新たに事業を開始した場合には,所得税,源泉所得税,消費税に関する各種届出書などの提出が必要となります。代表的な届出書は次のとおりです。

所得税に関する届出書
  1. 個人事業の開廃業等届出書…事業を開始した場合
  2. 所得税の青色申告承認申請書…青色申告の承認を受ける場合
  3. 青色事業専従者給与に関する届出書…青色事業専従者給与額を必要経費に算入する場合
源泉所得税に関する届出書
  1. 給与支払事務所等の開設・移転・廃止等届出書…給与などの支払を行う事務所などを開設した場合(「個人事業の開廃業等届出書」を提出した場合は省略可能)
  2. 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書…給与の支給人員が常時10人未満である給与などの支払者が,給与などから源泉徴収した所得税の納期について年2回にまとめて納付するという特例の適用を受ける場合
消費税に関する届出書
  1. 消費税課税事業者選択届出書…免税事業者が課税事業者になることを選択する場合
  2. 消費税課税期間特例選択届出書…課税期間の短縮を選択する場合
  3. 消費税簡易課税制度選択届出書…簡易課税制度を選択する場合

それぞれの届出書・申請書は提出期限などが決まっていますので注意が必要です。

[平成26年4月1日現在]

その他の税務に関するご質問

お問い合わせ

会社設立や税務顧問に関する
ご相談は何度でも無料!下記ボタンよりお電話ください。

  • 0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み
  • 0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝も受付中)
  • 無料相談のお申込み

ページのトップへ

0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝も受付中)

0120-018-552 受付時間9:00~21:00(土日祝も受付中)