“固定資産税の納期限はいつまで?”を知って忘れずに納付を!

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

hourglass-620397_960_720

固定資産税の第3期の納期限が迫っている今日この頃。皆さまはもう納付をお済ませでしょうか?毎年、一方的に納税通知書が送られてきて、記載額の支払いを求められる固定資産税。せっかく払うならもうすこし詳しくなってみてはいかがでしょうか。そこで今回は、固定資産税とは何か、や、その納期限などについてご紹介したいと思います。

固定資産税とは?

固定資産税は、毎年1月1日に対象の固定資産の所有者に対して、その固定資産の価格をもとに、市町村(東京23区内については東京都が課税)が課す税金です。固定資産税は、行政機関が税額を算定して確定する賦課(ふか)課税制度が取られており、市区町村により自動的に税額が計算され、納税通知書が送られてくるのが特徴です。

対象者

対象者は、固定資産税の基準日(賦課期日)である1月1日時点で、固有資産の所有者として固定資産課税台帳に登録されている方です。

税率

固定資産税の標準税率は1.4%(不動産の場合は、このほかに都市計画税が0.3%かかる場合もあります)で、固定資産税は、固定資産を評価のうえ、その価格をもとに算定された「課税標準額」に税率をかけて求められます。なお、固定資産税の税率は、地方公共団体が条例で定められるものであるため、地方によって異なる可能性があります。お住まいの地域の自治体のWebサイトなどでご確認ください。

固定資産税の対象になる資産は?

固定資産税の対象となる資産は、土地、家屋、償却資産です。

土地

田、畑、宅地、塩田、鉱泉地、池沼、山林、牧場、原野その他の土地(雑種地)をいいます。

家屋

住家、店舗、工場(発電所および変電所を含みます)、倉庫その他の建物をいいます。

償却資産

会社や個人事業主が事業を行うために使用する土地や家屋以外の資産で、構造物、機械、器具などをいいます。こちらについては、対象となる範囲が細かく定められています。詳細を知りたい方は、下記のWebサイトにてご確認ください。

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_o.htm

固定資産税の期限はいつまで?

固定資産税の納期は年4期に分けられており、納税通知書は第1期の納期限の10日前までに送られてきます。
東京都23区内の固定資産税の平成28年度の納期は下記のとおりです。

  • 第1期:平成28年6月1日から6月30日まで (納期限は6月30日)
  • 第2期:平成28年9月1日から9月30日まで (納期限は9月30日)
  • 第3期:平成28年12月1日から平成28年12月27日まで (納期限は12月27日)
  • 第4期:平成29年2月1日から2月28日まで (納期限は2月28日)

固定資産税を期限までに納付できないときは?

災害などで被害を受け、固定資産税を期限までに支払うのが困難な方のために、減税・免税もしくは納税が猶予される(徴収猶予)制度があります。減税・免税もしくは徴収猶予を受ける場合には納税者からの申請が必要です。要件など、より詳しい情報については下記のWebサイトをご覧ください。

http://www.tax.metro.tokyo.jp/shitsumon/tozei/index_s.htm

まとめ

いかがでしたか?固定資産税の詳細が、実は地方税法によって定められており、そのため所得税などと違っている点があることなどは、意外に意識されてない方が多いのではと思います。税サポを読まれることで、固定資産税に限らず、どんな趣旨で納税しているのかを知ってみようと思っていただけたら幸いです。

【監修:税理士法人アディーレ会計事務所 税理士 花房浩平】

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み