意外に知らない大事な税金 「償却資産税&印紙税」のチェックポイント

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

こんにちは、アディーレ会計事務所 税理士の長谷川です。

みなさんは、“償却資産税”と“印紙税”という税金をご存知ですか?
どちらも、経営者が関わる可能性の高い税金なのに、実はあまり知られていません。
今回は、この2つの税金について簡単にご紹介したいと思います。

1.償却資産税

償却資産税は、固定資産をお持ちの企業には関わりの深い税金です。
今年は償却資産税が免税されている会社であっても、来年度も免税になるとは限りません。
また、償却資産税を中心に考えた場合、償却資産の取扱が中小企業者などの少額減価償却資産とは違います。
特に、決算前に固定資産を購入した場合は注意が必要です。税務処理が異なると税額が異なりますし、どの時点で課税が生ずるおそれがあるのか確認が必要です。どの時点で購入した資産を償却資産として処理すべきかを知っておきましょう。

2.印紙税

印紙税は、印紙税法で定められた課税文書にかかる税金です。納付を忘れた場合にもっとも重いペナルティーがあるのが印紙税といわれています。印紙税の納付忘れがあった場合、納付しなかった印紙税額の2倍が過怠税として課されることがあります。つまり、もともと納付すべき印紙税+過怠税で税金の納付額が3倍になってしまうのです。印紙の貼り忘れを防ぐためにも、どのような文書に課税されるのか覚えておく必要があります。

償却資産税と印紙税について、セミナーで解説します

アディーレ会計事務所では、7月28日(木)に私が講師を務め、償却資産税と印紙税についてセミナーを行います。

「中小企業者などの少額減価償却資産と償却資産はどっちがお得なの?」
「どんな文書に収入印紙を貼っておかないといけないの?」

そのような疑問をお持ちの方、ぜひご参加ください。

■<経営者セミナー>「急な課税で困らないために!経営者が知っておきたい償却資産税&印紙税のチェックポイント」のお申込みはこちら

クラウド会計でらくらく業務効率化!

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み