確定申告を忘れたら?期限後申告の対応とリスクを知る

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

_MG_2198

平成28年分の確定申告期間が3/15で終了しました。「期限内に間に合った」という方が多いと思いますが、もしかしたら「間に合わなかった」、「忘れていた」という方もいらっしゃるかもしれません。期限内に確定申告をしなかった場合、延滞税などのペナルティーが課されるため注意が必要です。そこで今回は、“期限後申告の対応とリスク”について解説したいと思います。今回は期限内に申告された方も、この機会に知っておいてはいかがでしょうか。

確定申告を忘れた場合の対応

確定申告を忘れて申告期限が過ぎてしまった場合でも、気づいた時点でできるだけ早く申告しましょう。該当する年の確定申告書に必要事項を記入して所轄の税務署に提出します。この申告は「期限後申告」として取り扱われます。
なお、還付申告の場合は、期限内に確定申告をできなかったとしても、還付を受けられる期間内に還付申告書を提出すれば問題ないですし、ペナルティーを受けることはありません。
詳しくは下記の記事をご覧ください。

“還付申告”は誰ができる?いつからいつまでできる?あなたは知っていますか?
2/17のブログでは「所得税の確定申告の対象者」をご紹介し、「確定申告を行う“必要がある”人と還付申告を行うこと...

確定申告を忘れた場合のペナルティーとは?

期限後申告によって納める税額には、延滞税、無申告加算税など課税のペナルティーを受ける可能性があります。また、青色申告者の特典が受けられなくなる可能性があります。なお、どのペナルティーを受けるのかは、状況によって異なります。

<ペナルティーについて>

  1. 新たに納付することになった税額のほかに、延滞税がかかります。
    延滞税は、納付期限の翌日から納付する日までの期間についてかかる税金です。
    たとえば、平成28年分の所得税および復興特別所得税については、納付期限である平成29年3月15日(水)の翌日から完納する日までの期間について延滞税がかかります。
  2. 無申告加算税(※)がかかる場合があります。
    申告期限内に申告が完了しなかった場合に、本来納める税金のほかにかかる税金です。
  3. 青色申告者の特典が受けられなくなる可能性があります
    期限内に申告書が提出されなかった場合、青色申告者の特典が受けられなくなる可能性があります。たとえば、青色申告特別控除について65万円の控除を受けるための要件は「法定申告期限内に提出すること」があるため、10万円の控除しか受けられなくなってしまいます。
    また、連続して期限内に申告書を提出しなかった場合には、青色申告の承認が取り消されることがあります。

延滞税および無申告加算税の具体的な内容や税額などについては、次回以降のブログでご紹介したいと思います。

まとめ

今回は、「期限後申告」についてご紹介しました。期限に間に合わないと、払わなくてもよい税金を払うことになります。次回は、上記で紹介した延滞税、無申告加算税、そして以前ご紹介した過少申告加算税などについて詳しく解説したいと思います。

確定申告を忘れた場合の対応と合わせて読みたい記事

確定申告期間も後半。“申告書の間違いに気付いたらどうする?”を知る

確定申告の間違いに備えて知っておく“更正の請求”と“修正申告”とは?

【監修:税理士法人アディーレ会計事務所 税理士 花房浩平】

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み