平成29年2月26日(日)に確定申告の相談ができる税務署のご案内

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

the-business-628119_960_720昨日2月19日(日)に、ある税務署の前を通りかかったところ、たくさんの人が出入りしていました。「そういえば、2月19日は、確定申告の相談をしている税務署があるって国税庁のお知らせに載っていたな」と思い出しました。
「あっ、せっかく日曜に行こうと思ったのに忘れてしまった…」という皆さま、確定申告の相談ができる日曜日はもう1日ありますのでご案内したいと思います。

確定申告の相談や申告書の提出ができる平成28年分確定申告期間中の日曜日

通常、税務署は、土日祝日は閉まっています。しかし、確定申告期間中は、平日以外でも一部の税務署では確定申告の相談や申告書の受付(閉庁日対応)を行います。
平成28年分の確定申告期間である平成29年2月16日(木)~3月15日(水)の間で、これから閉庁日対応を受けられるのは2月26日(日)です。

平成29年2月26日(日)に確定申告の相談ができる税務署については、下記のWebサイトに一覧がありますのでご参照ください。なお、お住まいの地域の税務署の閉庁日対応の有無についてもこちらのWebサイトで確認いただけます。

https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2017/shinkoku/01_7.htm

<注意点>
下記のような場合がありますので、必ず事前に会場の場所をご確認ください。

・税務署の中には、確定申告会場を税務署の外に設けているところがあります。この場合、その税務署庁舎では申告相談を行われていませんのでご注意ください。
・東京都、埼玉県など一部の地域では合同会場が設けられている地域があります。合同会場が設けられている地域の個々の税務署庁舎では申告相談が行われていませんのでご注意ください(平日の作成済申告書の総合窓口への提出は可能です)。

まとめ

「繁忙期で平日は休めない」という方には嬉しい閉庁日対応。同じことを考える方々で混み合う可能性もありますし、会場が混雑した場合には早めに締め切られる場合があります。
また、せっかく相談しても書類の不備などがあった場合、申告手続が終了しない可能性があります。事前準備をしっかり行い、余裕を持って申告・相談をされることをおすすめします。

確定申告に向けて合わせて読みたい記事

所得税の確定申告が受付開始!確認しておきたい基本情報まとめ

もしかしたらあなたも対象かも!?“所得税の確定申告の対象者”を知っておこう!

はじめて確定申告する人が知っておきたい“所得税の確定申告書の種類とその違い”

<住宅ローン控除>
「住宅ローン控除」を知る(1)-基礎知識編・住宅ローン控除とは?

「住宅ローン控除」を知る(2)-住宅ローン控除に必要な書類と記入例

「住宅ローン控除」を知る(3)-住宅ローンで住民税が安くなる!?

「住宅ローン控除」を知る(4)-借り換えた住宅ローンは控除の対象になる?

<保険料控除>
「保険料控除」を知る(1)-保険料控除の対象になる保険は?

「保険料控除」を知る(2)-保険料控除の計算方法と控除額

「保険料控除」を知る(3)-保険料控除申告書の書き方まとめ

「保険料控除」を知る(4)-保険料控除の対象に“なる”ものと“ならない”もの

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み