スムーズな手続のために知っておきたい、“確定申告をインターネットで行うメリットと必要な準備”

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

student-849825_960_720

1月も今週半ばで終わりとなり、いよいよ2月になります。確定申告が必要な皆さま、準備は万端でしょうか?まだ時間があると思っても、意外にすぐ期限が来てしまうものですので早めにご準備くださいね。
さて、今回の税サポは、「確定申告をインターネットで行う」というテーマで書いてみました。
「今年こそ確定申告をインターネットでしようと思っているんだけど」、「忙しくて税務署に行けるか心配」という方は、確認されることをおすすめします。

まずは「確定申告の期限はいつまで?」を確認

最初に、平成28年分の所得税の確定申告書の提出期限を確認しておきましょう。

<平成28年分の所得税の確定申告書の提出期限>
■所得税および復興特別所得税・贈与税:平成29年3月15日(水)
■個人事業者の消費税および地方消費税:平成29年3月31日(金)

なお、確定申告書の提出方法には、各税務署の窓口への持参、郵送、およびe-Tax(インターネットで国税に関する各種手続が可能なシステム)の利用、の3種類があります。

確定申告をインターネットで行うメリット

先ほどもご案内した通り、確定申告書の提出方法には3種類ありますが、そのうちで、確定申告をインターネットで行えるのはe-Taxを利用する方法です。パソコン上で必要事項を入力し、インターネットで提出(送信)できるのであれば、自宅にいながら確定申告ができます
「確定申告時期の窓口は混むからなぁ…」、「手書きは面倒で…」という方は、今年からぜひe-Taxを使ってみることをおすすめします。

e-Taxを使うと?

e-Taxを使うと、インターネットで国税に関する申告や納税、申請・届出などの手続ができます。利用には、あらかじめ開始届出書を提出し、利用者番号などを取得することが必要です。

e-Taxを使うメリット

e-Taxを使えば、下記のようなメリットがあります。

1.自宅から確定申告ができる

自宅で好きな時に申告書を作成し、提出することができます。

2.添付書類の提出が不要

たとえば、医療費控除に必要な領収書については、病院名や支払金額などを入力・送信することにより、書類提出を省略することが可能です(提出が省略された書類は、原則5年間保存してください。税務署から確認を求められる可能性があります)。

3.還付が迅速

書類不備などのミスがない限り、e-Taxによる還付申告はおおむね2~3週間程度で処理されているとのことです。

4.24時間提出可能

確定申告期間中において、e-Taxでは24時間提出できるようになっています。(メンテナンス時間などを除く)。

e-Taxの利用可能時間については、下記をご覧ください。

(1)e-Taxの利用可能時間 このe-Taxソフトを使用して、国税電子申告・納税システム(以下「本システム」といいます。)を利用する際には、「国税電子申告・納税システムの利用規約」に同意いただくとともに、下記の使用許諾書のすべての条項に同意いただくことが必要です。e-Taxソフトのインストール前に下記の使用許諾書を必...

確定申告をインターネットで行うときに必要なもの

e-Taxを利用する際に必要となるものを下記にまとめておきます。
<確定申告をインターネットで行う時に必要なもの>
・電子証明書(マイナンバーカード・住民基本台帳カード()などに組み込まれています)※組み込まれている電子証明書の有効期限内のみ利用可能
・ICカードリーダー・ライター
・公的個人認証クライアントソフト Ver3.0、ルート証明書(Macintoshをご利用の方のみ)

確定申告をインターネットで行うための準備

e-Taxを使うには、事前の準備が必要です。ここでは、はじめてe-Taxを使う方の準備について紹介します。

e-Taxを使うための準備をしよう

1.利用環境の確認

OSやブラウザのバージョンなど、お使いのパソコンが、国税庁が推奨する利用環境を満たしていることが必要です。

国税庁,年末調整,確定申告,医療費控除,源泉徴収,確定申告2018,確定申告医療費控除,確定申告書等作成コーナー,国税庁 確定申告,所得税

2.マイナンバーカードの取得

電子証明書が組み込まれているマイナンバーカードが必要です。

国税庁,年末調整,確定申告,医療費控除,源泉徴収,確定申告2018,確定申告医療費控除,確定申告書等作成コーナー,国税庁 確定申告,所得税

3.ICカードリーダー・ライターの準備

マイナンバーカードに対応したICカードリーダー・ライターを準備します。
公的個人認証サービスのポータルサイトをご覧ください。

公的個人認証サービスとは、電子証明書などの安全性が高い技術を利用し、他人によるなりすまし申請や電子データが通信途中で改ざんされることを防ぐための機能を、安い費用で提供するものです。

4.事前準備セットアップ

パソコンのOSに応じて、国税庁のWebサイトから事前準備セットアップファイルをダウンロードし、セットアップを行います。

なお、すでにe-Taxを使われたことがある方についても、下記のような方については電子証明書の再登録などが必要となりますので、ご注意ください。

  • マイナンバーカードを取得された方
  • パソコンを買い替えた方
  • OSをアップデートした方
  • 住民基本台帳カードを使用していてマイナンバーカードに切り替える方

など

インターネットで確定申告したい方はe-Taxで!

以上、「確定申告をインターネットで行うメリットと必要な準備」をご紹介しました。
e-Taxを利用することで、事前の準備に少し手間がかかるものの、税務署の長蛇の列に並ぶこともなく、スムーズな確定申告が可能です。ぜひ、今年はe-Taxで確定申告をされてはいかがでしょうか。
【監修:税理士法人アディーレ会計事務所 税理士 花房浩平】

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み