「保険料控除」を知る(2)-保険料控除の計算方法と控除額

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

pak85_notetokakutei20140312230514_tp_v

シリーズ「保険料控除」を知る、の第2回は、保険料控除の計算方法と控除額について解説します。

保険料控除とは?

保険料控除とは、納税者が特定の保険料を払った場合に、一定の金額の所得控除(※)を受けることができるという制度です。
所得控除は、所得税額を計算するときに各納税者の個人的事情を加味しようとする制度です。

保険料控除の対象となる保険の種類について

保険料控除の対象となる保険には、社会保険料、生命保険料、地震保険料、小規模共催等掛金があります。詳しくは保険料控除の対象の記事をご参照ください。
「保険料控除」を知る(1)-保険料控除の対象となる保険とは?

「保険料控除」を知る(1)-保険料控除の対象になる保険は?
年末調整の時期が近づくとよく聞く、「保険料控除の証明書を持ってきてください」という言葉。「保険はいろいろ払ってい...

種類別で解説!保険料控除の金額と計算方法

では、実際にいくら控除となるのか、生命保険料と地震保険料について見ていきましょう。

1.生命保険料の控除額

生命保険料には、下記の3つがあります。

  • 一般の生命保険料
  • 介護医療保険料
  • 個人年金保険料

年間の支払保険料の合計金額によって、控除金額が異なります。
また、一般の生命保険料個人年金保険料については、新契約(平成24年1月1日以後に契約)と旧契約(平成23年12月31日以前に契約)でも控除額が異なりますので注意が必要です。

1-1.新契約の場合

新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料については最高4万円の控除が可能です。

年間の支払保険料など   控除額 
 20,000円以下 支払保険料などの全額
 20,000円超 40,000円以下 支払保険料など×1/2+ 10,000円
 40,000円超 80,000円以下  支払保険料など×1/4+ 20,000円
 80,000円超  一律40,000円

【控除額の計算例】
・年間の支払保険料などが30,000円の場合
30,000円×1/2=15,000円+10,000円=25,000円
・年間の支払保険料などが60,000円の場合
60,000円×1/4=15,000円+20,000円=35,000円

1-2.旧契約の場合

旧生命保険と旧個人年金保険料については最高5万円の控除が可能です。

年間の支払保険料など   控除額 
 25,000円以下 支払保険料などの全額
 25,000円超 50,000円以下 支払保険料など×1/2+ 12,500円
 50,000円超 100,000円以下  支払保険料など×1/4+ 25,000円
 100,000円超  一律50,000円

【控除額の計算例】

・年間の支払保険料などが40,000円の場合
40,000円×1/2=20,000円+12,500円=32,500円
・年間の支払保険料などが80,000円の場合
80,000円×1/4=20,000円+25,000円=45,000円

なお、3つの生命保険料ごとに、計算式に当てはめて算出した各控除額の合計が12万円を超える場合、生命保険料控除額は12万円です。

2.地震保険料の控除額

地震保険料には、下記の2つがあります。

  • 地震保険料
  • 旧長期損害保険料

保険の区分年間の支払保険料の合計金額によって、控除金額が異なります。

2-1.地震保険

地震保険料については最高5万円の控除が可能です。

2-2.旧長期損害保険

旧長期損害保険については最高1.5万円の控除が可能です。

区分    年間の支払保険料の合計 控除額 
 (1)地震保険料 50,000円以下 支払金額
50,000円超 50,000円
 (2)旧長期損害保険料 10,000円以下 支払金額
10,000円超
20,000円以下
支払金額÷2+5,000円
20,000円超 15,000円
(1)、(2)の両方がある場合 (1)、(2)それぞれの方法で計算した金額の合計額(最高50,000円)

【控除額の計算例】
・年間の支払保険料などが18,000円の場合
18,000万円÷2=9,000円+5,000円=14,000円

なお、2つの地震保険料ごとに、計算式に当てはめて算出した各控除額の合計が5万円を超える場合、地震保険料控除額は5万円です。

まとめ

「保険料控除の計算方法と控除額」、いかがでしたか?ひと口に保険といっても、いろいろな保険があり、その種類や契約内容によって計算式や控除額が変わってくることがお分かりいただけたかと思います。なお、申告書の欄は保険の種類や契約内容ごとに細かくわけられています。記入する場合は、申告書と保険料控除証明書をよく見比べて、間違えずに記入するようにしましょう。

【監修:税理士法人アディーレ会計事務所 税理士 花房浩平】

「保険料控除」を知るシリーズ一覧

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み