合同会社をつくる際に必要な、設立の“流れ”と“手続き”を知る

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

forms-2004856_960_720

7/14のブログでは、合同会社を設立するために決めるべき「基本事項」をご紹介しました。合同会社をつくろうとされている方の中には「基本事項は決めたけれど、他にどんな手続きが必要なんだろう?」と思っている方もいらっしゃると思います。そこで今回は、合同会社の設立の流れ、必要な手続きなどを分かりやすくまとめてみました。ぜひご覧ください。

合同会社設立の流れと必要な手続き

合同会社を設立するには、書類を作成したり申請手続きを行ったりなど、いろいろな手続きがあります。どの順番で手続きを進めるかを事前に把握しておかないと、予想外に時間がかかる、不備でやり直しが発生する、といった可能性もあります。予定していた設立日に間に合わなくなるといったことのないように、注意して進めるようにしましょう。

1.合同会社設立の流れ

まず、全体的な設立の流れを確認しましょう。

合同会社設立の流れ

なお、設立の流れは合同会社を設立して終了となりますが、合同会社設立に必要な申請や届出といった手続きは、会社設立後にも発生します。詳しくは、次の項でご案内します。

2.合同会社設立に必要な手続き

続いて、必要な手続きを確認します。記載している手続きは大項目だけですが、それでも結構なボリュームがあるのがお分かりになるでしょう。
また、下記の表では、経営者の皆さまが、ご自身で合同会社を設立する場合とアディーレ会計事務所の「会社設立支援サービス」を利用した場合を比較しています。どちらを選択するかで、皆さまの作業量や手間の差がかなり違いますので、設立手続きを始める前に確認されることをおすすめします。

手続きの詳細 ご自身で設立される場合 アディーレの「会社設立支援サービス」を利用される場合
無料相談 なし 何度でも承ります
基本事項の決定 お客様 お客様
許認可の確認 お客様 アディーレ
法人印の作成印鑑証明書の取得 お客様 お客様
定款の作成 お客様 アディーレ
定款の確認および押印 お客様 お客様
資本金のお振込み お客様 お客様
設立登記書類の作成
※会社の形態や機関設計によって必要な書類や、用意すべき枚数は変わります
お客様 アディーレ
※提携している司法書士が作成します
法務局への設立登記申請 お客様 アディーレ
登記簿謄本の取得 お客様 アディーレ
開業の届出に必要な各種申請書・届出書の作成
※会社の形態や機関設計によって必要な書類や、用意すべき枚数は変わります
お客様 アディーレ
開業の届出(税務署や都道府県など) お客様 アディーレ
銀行口座開設 お客様 お客様

まとめ

「合同会社の設立手続き」、いかがでしたか?インターネットには「合同会社は誰でもカンタンに設立できる」といった情報が溢れていますが、合同会社設立の手続きは決して簡単ではなく、安易な書類作成はお勧めできません。

アディーレ会計事務所には、業務内容に精通した税理士が在籍し、会社設立の代行を承っています。株式会社はもちろん、合同会社の設立要綱の決定から、事業計画書の作成、役所への届出などまで、迅速かつ丁寧にサポートいたします。また、会社設立に関するご相談は無料です。ぜひお気軽にお問い合わせください。
当ページをお読みになって、手続きの流れを正確に把握し、スムーズかつ確実に、合同会社を設立していただければ幸いです。

会社設立・起業を検討中の方に合わせて読んで欲しい記事

会社設立の手間や失敗を減らす!会社設立代行サービスを知る

会社設立を代行業者に頼むメリット、自分でやるデメリット

会社設立に必要な印鑑の種類や違いを知る

会社設立の手続きに必要な印鑑証明書について知る

合同会社を設立したい起業家が押さえるべき、合同会社設立の基本事項

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み