融資担当者を納得させる!創業の動機を熱く語る「創業計画書」を作ろう

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

writing-828911_960_720

「会社を設立するにあたって創業融資を受けたい」と考えている起業家の皆さま。創業融資を獲得するには、創業計画書の作成が欠かせません。ここでは、日本政策金融公庫が提供している「創業計画書」を例に挙げ、書き方のヒントなども合わせてご案内します。

「創業計画書」とは?

それでは、まず、創業計画書について知ってみましょう。創業計画書は、日本政策金融公庫などに創業融資を申請する場合に必要な書類の一つで、“金融機関の融資担当者を納得させる”という役割を持っています。融資担当者はたくさんの融資申し込みを受けますから、1枚の創業計画書を読むのに多くの時間をかけてはいられません。そのため、創業計画書には、起業家の皆さまが“どんな事業”をやろうとしていて、“どのくらいの売上や利益”を見込んでいて、“何年くらいで返済”ができそうか、といったことが一目見て分かるように書かれていることが重要になります。

「創業計画書」のフォーマットと記載項目

「創業計画書」はフォーマットが決まっており、タイトルがついた枠に必要事項を記入すればできあがりです。ただし、思いついたまま書けばいいということではなく、相手に分かりやすい表現で簡潔に記入することが大切です。

創業計画書のフォーマット

創業計画書のフォーマットは下記です。

創業計画書
※画像をクリックすると大きな画像がご覧いただけます

創業計画書のフォーマットは、日本政策金融公庫のWebサイトからダウンロードできます。

創業計画書の記載項目

(1)創業の動機
(2)経営者の経歴等
(3)取扱商品・サービス
(4)取引先・取引条件
(5)従業員
(6)借入れの状況
(7)必要な資金と調達の方法
(8)事業の見通し(月平均)

記載項目としては上記の8つですが、それぞれについて、集めなければならない資料や考えたり決めたりしなければならない事柄がたくさんあると思います。意外に難しいのが、“創業の動機”です。「いくらでも書けます!」という方がいらっしゃる一方、あまり意識していなかったため、何から書き始めていいのかさえ分からない方もいらっしゃいます。意識はしていなくても、「これを事業にしたい!」と思ったきっかけは必ずあるはずです。

まずは、あまり悩まず、思うままに書き出してみて取捨選択をしていくうちに「ああ、これだ!」というものが見つかると思います。それをきちんと言葉で表現できれば、融資担当者も「ああ、この人は頑張って事業継続して返済してくれそうだから融資の対象にしよう」と
考えてくれるはずです。

なお、8つの記入項目に記入する内容のポイントについては、下記のWebサイトに記載していますので、こちらをご覧ください。

創業計画書の作り方

bnr_fund_md

まとめ

「創業計画書を知る」、いかがでしたか?起業家によっては、創業計画書の作成を請け負う会社に丸投げしてしまう方もいるようです。しかし、これから会社をつくり事業を行っていくのは、起業家の皆さまです。せっかくご自分の会社を始めるのですから、まず、最低限の知識を身に付け、創業計画書や事業計画書を自分で書いてみてから、アドバイスを受けるほうが納得できる内容に仕上がるはずです。
アディーレ会計事務所では、お話を丁寧にお聞きしたうえで、皆さまの融資獲得をサポートいたします。ぜひお気軽にご連絡ください。

会社設立・起業を検討中の方に合わせて読んで欲しい記事

創業計画書は何が重要?書き方のチェックポイントを大公開

書きすぎに注意!見栄えのよい定款上の事業目的のポイントとは

クラウド会計でらくらく業務効率化!

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み