創立費と開業費って同じもの?会社設立に関わる費用の扱いについて知る

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

calculator-313859_960_720

会社設立時にはいろいろな費用がかかりますが、その費用にどんなものが含まれるのか、具体的にご存知でしょうか?また、会社設立費用に関する質問としては、「創立費とか開業費とか聞くけれど、同じものじゃないの?」といったことがよく聞かれます。
そこで、今回は、会社設立時の費用の内容や、創立費と開業費の詳細や違いなどについて解説したいと思います。

会社設立時にかかる費用とは?

会社設立時にかかる費用とは、設立の前後、つまり、設立準備開始から実際の営業開始までにかかるものを指します。下記に主なものをざっと挙げてみましたが、さまざまなものがあります。
<設立準備開始から実際の営業開始までにかかる費用の例>

  • 通信費(電話、インターネット、郵送費など)
  • 事務用消耗品費
  • 従業員の給料
  • 発起人への報酬
  • チラシなどの広告・宣伝費
  • 定款などの作成費用
  • 印鑑や名刺の作成費用
  • オフィスの賃借料
  • 設立登記の登録免許税
  • 金融機関の取扱手数料

など

なお、ご存知のことと思いますが、上記に挙げた費用の中には、まだ会社が設立されてない時点で支払うものもあります。その場合、その費用は、個人が負担する経費なのでしょうか、それともこれから設立する会社が負担する経費なのでしょうか。

悩まれた方も多いかもしれませんが、会社設立に必要な費用は、“設立前に支払った費用でも、設立した会社の経費”として計上することができます。そのため、その根拠となる領収書などをきちんと残しておくことが大切です。

会社設立時の費用の扱い

次に、会社設立時の費用の扱いについて見ておきたいと思います。
設立準備開始から実際の営業開始までにかかった費用は、「会社設立の前に支払った費用」と「設立から実際の営業開始までにかかった費用」の2つに分けられます。会社設立の前に支払った費用は創立費、設立から実際の営業開始までにかかった費用は開業費と呼ばれます。

開業費と創立費

詳細については、次項以降で説明します。

bnr_fund_md

「創立費」~設立準備開始から会社設立までにかかった費用~とは?

会社を設立するために使った特別な経費は、創立費として設立した会社の経費になります。創立費は「発起人に支払う報酬、設立登記のために支出する登録免許税その他法人の設立のために支出する費用で、当該法人の負担に帰すべきもの」として法人税法で定められて(認められて)います。
創立費には次のような費用が含まれます。
<創立費に含まれる費用>

  • 定款などの作成費用
  • 株式募集その他のための広告費
  • 目論見書・株券などの印刷費
    ※目論見書:有価証券の募集あるいは売出しにあたって、その取得の申込を勧誘する際などに投資家に交付する文書で、当該有価証券の発行者や発行する有価証券などの内容を説明したもの
  • オフィスの賃借料
  • 金融機関の取扱手数料
    :金銭消費貸借契約などを締結する際に発生する金融機関の事務手続きに対する手数料
  • 創立総会に関する費用でその他会社設立事務に関する必要な費用
    :総会の会場利用料や案内状の印刷費用など

など

「開業費」~会社設立後から営業開始までにかかった費用~とは?

会社を設立してから実際に営業を開始するまでに掛かった経費は、開業費として設立した会社の経費になります。開業費は「法人の設立後事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用」として法人税法で定められて(認められて)います。

開業費(会計上)には次のような費用が含まれます。
<開業費に含まれる費用>

  • 土地、建物などの賃借料
  • 広告宣伝費用(看板費用、会社案内パンフレット作成費用、HP作成費用など)
  • 通信交通費
  • 事務用消耗品費
  • 支払利子などで、会社設立後、営業開始時までに支出した開業準備のための費用

ただし、法人税法上は、前述のとおり、開業費は「開業準備のために特別に支出する費用」に限定されますので、土地、建物などの賃借料、通信交通費、事務用消耗品費、支払利子などの経常的な費用は含まれず、開業準備のために特別に支出した広告宣伝費、旅費、調査費、接待などに限られます。

まとめ

いかがでしたか?創立費・開業費は、税法上で任意償却が認められています。節税対策のツールとして有効活用していきましょう。
なお、開業費の範囲については、開業までに支出した一切の費用を含むものとする考え方もあります。しかし、開業準備のために直接支出したと認められない費用には、その効果が将来に渡るとは限らないものが含まれている可能性があります。ですから、開業費の範囲は、“開業準備のために直接支出したものに限る”ことをおすすめします。

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み