会社設立日の決め方。迷ったらこんな情報を参考にするのも良いかも!?

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

town-sign-1156438_960_720

「会社設立日っていつがいいの?」、「みんなどうやって決めたんだろう?」。
会社を設立しようとしている皆さまが気になることのひとつが “会社設立日をいつにするか” ではないかと思います。そこで、今回は会社設立日を決める際の検討材料として役立てていただける情報や、有名企業の創立記念日などのお話をご紹介したいと思います。

会社設立日にふさわしい、縁起の良い日一覧

「迷ってしまって決められない」、「特に思いつかない」。そのような方は、縁起が良いといわれている日を選んでみるというのも一案です。主なものを下記にご紹介します。

天赦日

「てんしゃにち」または「てんしゃび」と読みます。百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の吉日とされています。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記されます。ものごとをスタートしたり、迷っていたことに挑戦したりするのに適した日であり、年に5回または6回しかない貴重な日とのことです。

一粒万倍日

「いちりゅうまんばいび」または「いちりゅうまんばいにち」と読みます。一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になることを表し、大安と並ぶ吉日とされています。また、新しいことを始めるのに最も良い日で、開業や出資などに向くとされています。ただし、苦労の種が万倍になってしまうということから、借金など、人から物を借りたりすることは凶とのことです。

寅の日(とらのひ)

十二支の寅にあたる日で、虎は「千里行って千里戻る」という言い伝えがあることから、この日は旅立ちに良い日とされています。また、吉日の中で最も金運に縁がある「金運招来日」ともいわれています。

大安

「大いに安し」を意味しており、六曜(暦のひとつ)の中で最も吉の日とされています。何ごとにおいても吉、成功しないことはない日とされています。婚礼は大安の日に行われることが多いことからご存知の方も多いでしょう。また、自動車の登録日や納車日、建物の基礎工事の着工日などを大安にするという人もたくさんいらっしゃるようです。

有名企業の会社設立日(創立記念日)は?

つぎに、知らない人がいないであろう有名企業の会社設立日がどのように決められたのか、いくつかエピソードをご紹介したいと思います。

日立製作所の創立記念日:7月16日

日立創業の地である日立鉱山の山神祭日(山神社の祭礼日、7月15日、16日)に由来しており、1951年の労働協約改定において定められたとのことです。

松下電器(現パナソニック)の創業記念日:5月5日

松下電器の創業は1918年3月7日ですが、創業記念日は1932年5月5日と決められました。1932年5月5日、創業者である松下幸之助氏が当時の全店員を集めて第1回創業記念式典を行ったのを記念し、5月5日を創業記念日に制定したとのことです。

TOYOTAの創立記念日:11月3日

創業者である豊田喜一郎氏の夢である「大衆のための乗用車をつくり、国を豊かにすること」を実現する工場の竣工式を行ったのが、1938年11月3日であり、喜一郎氏にとって特別な日となったこの日を創立記念日としているとのことです。

本田技研工業の設立記念日:9月24日

1948年9月24日、社長の本田宗一郎以下、従業員34人で、株式会社としてのHondaがスタートした日が設立記念日となっています。

まとめ

「会社設立日の決め方」の参考情報をご紹介しましたが、いかがでしたか?設立して何年か経ち、創業期について社員に説明したり、取材を受けたりする際に、会社設立日に関するエピソードがあればより親近感を持ってもらえるかもしれません。
ぜひご紹介した情報も含めていろいろ検討のうえ、決めていただければと思います。

会社設立・起業を検討中の方に合わせて読んで欲しい記事

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み