自分も出資が受けられる?ベンチャーキャピタルやエンジェルとは

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

近頃では、将来の上場を見据えているようなベンチャー企業が数千万円を調達した、というようなニュースをよく聞くようになりました。

このようなお話を聞くと、「自分の会社も出資を受けられるのではないか?」と夢を見たくなってしまいますが、実際は出資を受けられる方は非常に限られていて、ほとんどの場合は対象にはなりません。

それでも出資を受けたいと思ったら、どのようにすればよいのでしょうか?今回は、その基本的な考え方についてご案内します。

a0002_004890

出資をしてくれるのは、ベンチャーキャピタルやエンジェル、事業会社など

事業に出資するのは、多くの場合はベンチャーキャピタルです。ベンチャーキャピタルは、有望な事業に投資して収益を得ることを目的として投資家からお金を預かって運用しています。

エンジェルとは、組織ではなく個人でベンチャーキャピタルと同様のことを行っている方のことです。この方々も、有望な事業に投資して収益を得ることを目的としています。

また、投資を主たる目的としていない、一般的な事業会社が事業に投資をすることもあります。

出資する目的の多くは、キャピタルゲインを得ること

事業に出資してくれるのは、ボランティアや寄付が目的ではありません。原則として、その会社が上場して株価が上がったところでその株を売ることで収益を得ることが目的です。また、上場しないとしても、どこか別の会社がその投資先の事業を買うようなことがあって株を売ることができれば、収益を得ることはできますが、最初から上場以外を目的とすることは少ないようです。

場合によっては、その会社の経営に携わることや事業の上でのシナジーを生み出すことを目的とする場合もないわけではないようですが、そのようなケースは稀です。投資した会社が上場しなければ投資したお金は返ってこないので、お金以外に明確なメリットがなければ投資はされないでしょう。

将来上場できるような事業を計画することがスタート

出資をするのは、その投資先が上場してキャピタルゲインを得ることが目的なので、そもそも上場が見込めるような事業でなければ投資を受けられる可能性は非常に少ない者です。

そのため、まずは株式上場できるような魅力的かつ実行可能性のある事業を計画することがすべての始まりとなります。

上場基準はその市場によって様々ですが、1年間の利益が1億円以上である状態を継続するなど、相応の規模が目指せるような事業でなければ、投資を受けることは難しいでしょう。

事業計画が投資家の目に触れる機会を探す

上場できるような魅力的な事業計画が準備できたら、投資家の目に触れるような機会を探すことになります。

誰でも参加できるものであれば、ベンチャーキャピタルなどが主催しているビジネスプランコンテストなどがあります。コンテストでよい成績を残すことができれば当然投資家の目に留まりますし、コンテストによっては優勝者が投資を受けられるような特典がある場合もあるようです。

他にも、ベンチャーキャピタルに直接問い合わせてビジネスプランを説明するようなことも考えられるでしょう。何らかのツテがあってベンチャーキャピタルなどを紹介してもらうようなことがあればはじめやすいかもしれませんが、他人から投資を受けることを考えているような方は、自分自身で提案先を見つけて動くようなバイタリティをお持ちのことが多いようにも思われますし、それくらい強い思いがなければ投資を受けて、さらに上場するようなことは難しいのかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?出資を受けるということは、他人からお金を出してもらって事業を行うということですので、そう簡単に話が進むものではありません。また、投資を受けた後にも、資本政策その他考えることはそれこそ山のようにありますし、自由に会社を動かすこともできなくなるでしょう。そのような困難を乗り越えて投資を受け、事業を成長させられる方が、投資を受けられる条件なのかもしれませんね。

会社設立・起業を検討中の方に合わせて読んで欲しい記事

あなたの会社は大丈夫?会社設立時に必ず確認しておきたいチェックポイント6選

「法人化支援サービス」を利用して“法人化の適切なタイミング”を知ろう!

会社を設立する前に知っておきたい“個人事業主と法人の違い”

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み