【補助金情報】革新的ものづくり補助金、小規模事業者補助金の公募が開始に!

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

money-1604921_960_720

企業の資金調達の方法のひとつとして補助金という制度があるのは多くの方がご存知だと思います。申請して審査が通り採択されれば返還不要のお金ですので、チャレンジしてみるのもよいと思います。
今回は、先日、中小企業庁より公募開始の発表がありました2つの補助金についてご案内いたします。

公募が開始された補助金の情報

11月に公募が開始された補助金は下記の2点です。

革新的ものづくり補助金

11月14日(月)より、平成28年度補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募が開始されました。(記載内容はミラサポより抜粋)【対象者】
認定支援機関の全面バックアップを得た事業を行う中小企業・小規模事業者であり、所定の要件のいずれかに取り組むものであること。

1.支援内容・支援規模

1)中小企業者等が第四次産業革命に向けて、IoT・AI・ロボットを活用する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援。

補助上限額:3,000万円
補助率:補助対象経費の3分の2以内

2)中小企業者等のうち経営力向上に資する革新的ものづくり・商業・サービス開発を支援。(※)

補助上限額:1,000万円、500万円
補助率:補助対象経費の3分の2以内

※雇用増(維持)をし、5%以上の賃金引上げについては、補助上限を倍増。
※最低賃金引上げの影響を受ける場合は補助上限をさらに1.5倍(上記と併せ補助上限は3倍)

募集期間

平成28年11月14日(月)~平成29年1月17日(火)〔当日消印有効〕

2.小規模事業者持続化補助金

11月4日(金)より、平成28年度補正予算「小規模事業者販路開拓支援事業(小規模事業者持続化補助金)」の公募が開始されました。(記載内容はミラサポより抜粋)

支援内容・支援規模

小規模事業者持続化補助金には、一般型、熊本地震対策型、台風激甚災害対策型があります。ここでは一般型についてご紹介します。

<一般型>

対象者:全国の小規模事業者
補助上限額:500万円(複数の事業者が連携した共同事業)、100万円(賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策)、50万円
補助率:補助対象経費の3分の2以内

募集期間

平成28年11月14日(月)~平成29年1月17日(火)〔当日消印有効〕

さらに詳細を知りたい方は、下記Webサイトをご参照ください。
中小企業庁
ミラサポ

補助金申請をされたい方へ

「もらえるものならもらいたい」と多くの人が思う補助金ですが、申請の要件が細かく決められていたり、揃える書類がたくさんあったりします。早めに準備を始め、必要に応じ税理士などの専門家にサポートしてもらうことをおすすめします。
アディーレ会計事務所でも、補助金申請について随時ご相談を受け付けております。
お困りの際にはぜひお問い合わせください。

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み