国税庁、平成29年分確定申告時の医療費の明細書添付義務化を公表

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

アディーレ会計事務所 ニュース

国税庁が、平成29年分確定申告における“医療費の明細書添付義務化”を公表しました。
その内容を簡単にまとめて、下記にご案内いたします。

<ポイント>
・医療費控除は領収書の提出が不要
・平成29年分の確定申告から、領収書を提出する代わりに「医療費控除の明細書」の添付が必要

<注意点など>
・医療費の領収書は自宅で5年間保存することが必要(税務署から求められた場合には提示もしくは提出が必要)
・医療費通知(健康保険組合などが発行する「医療費のお知らせ」など)の添付により、「医療費控除の明細書」内の“医療費の明細”の記入は不要
・平成29年分から平成31年分までの確定申告については、「医療費控除の明細書」の添付と並行して、医療費の領収書の添付もしくは提示を行うことも認められる

なお、明細書のフォーマットや記載例については、国税庁Webサイトをご覧ください。

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み