初心者向け・企業ホームページを自分で作成する3つの方法

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

imarip0i9a7006_tp_v

いまやどんな業種の企業でも、自社の提供している商品やサービスを知ってもらい、集客するために、ホームページは必須のアイテムといえるでしょう。今回は、「ホームページを作りたいけれど、費用をかけずに作成できる方法ってあるの?」という方のために、企業のホームページを無料で作成できるサービスをご紹介します。

1.無料ホームページ作成サービスを使う

テンプレートに合わせ、テキストや画像をはめこむだけで、ホームページが簡単に作成できる無料サービスがたくさんあります。手軽に目に留まるデザインのWebサイトを作れるのが魅力です。なお、データ容量の上限には注意してください。

Wix(ウィックス)

500種類以上のテンプレート、2,000点以上の写真素材、250種類以上の簡単編集ツールを使って、無料でホームページを作成できます。

Jimdo(ジンドゥー)

おそらく日本で現在もっとも有名といってよいのが、このJimdoです。レイアウトを選び、写真と文章を追加するだけで、ホームページや通販サイトが無料で作成できるサービスです。

Webnode(ウェブノード)

スタイリッシュなテンプレートが豊富なホームページ作成サービスです。わずか5分程度でホームページが完成する手軽さも魅力です。

2.Wordpressで自作する

Wordpressはオープンソースの、無料ブログ作成サービスです。ブログ作成サービスといっても、ブログに留まらず、企業や店舗のホームページから通販サイトまで作成できます。多くのテンプレートが用意されており、簡単なカスタマイズなら専門知識なしですぐに可能です。また、トラブルが起きたり不明な点があったりしても、インターネットで検索すればたくさんの解決策が出てくるのも大きな魅力。自分でレンタルサーバーを借り、場合によっては独自ドメインを取得して作成します。

3.ブログで代用する

ホームページではなく、ブログにするのも手段の1つです。無料ブログサービスの例を下記にいくつかあげますので参考にしてください。利用する場合には、使用可能なデータ容量に注意する必要があります。写真や動画を多用するとあっという間に上限に達し、コンテンツのアップができなくなる可能性があります。

アメーバブログ(アメブロ)

サイバーエージェント運営の日本最大級の無料ブログサービスで、多くの有名人が公式ブログを開設しています。利用者同士のコミュニケーションに力を入れており、ブログをプラットフォームとして、無料ゲームやチャットなど、さまざまなサービスがあります。商用利用が一部禁止されていたり、予告なくブログが削除されたりするので、利用前に規約を確認することが大切です。

ライブドアブログ

ライブドア社が運営するブログサービスでしたが、現在はLINEで有名なNAVER社が運営しています。カスタマイズがしやすく、自由度の高いサービスです。また、有料版であれば広告を非表示にできるため、商用利用にも適しています。

FC2ブログ

FC2社が運営するブログサービスです。カスタマイズがしやすく、広告の数も少なく、全体的に自由度の高いサービスで、容量も10GBと比較的多めに設定されています。1ヵ月以上更新がない場合には、強制的に広告が表示されるため注意しましょう。

Seesaaブログ

シーサー株式会社が運営するブログサービスです。他のブログサービスに比べ、編集画面の使い勝手は気になる点がありますが、テンプレートが豊富で、広告もほとんどなく、SNSとの連携も比較的楽に行えます。また、メンテナンスによるブログの非表示などがなく、強制的にブログを削除されるといった事例もほとんど耳にしませんので、安心して利用できるでしょう。

そのほか、無料でホームページを作れるサービス

SNSを中心に、無料でページを作成する機能もあります。SNSのアカウントをお持ちであれば無料で作成でき、ユーザーと直接やり取りも可能。さらにいいね!やシェアによる拡散も見込めるので、企業のホームページとしての役割もさることながら、一種のプロモーション用ツールとしても使えます。

facebookページ

facebookが提供するページ作成サービスです。日本国内では2400万人を超えるユーザーが利用し(2016年12月現在)、実名制でリアルな友人関係が構築されているのが特徴です。

LinkedIn 会社ページ

LinkedInは、ビジネスに特化したSNSで、ユーザー同士の関係は友人ではなく、会社の同僚や上司、取引先などです。そのため、BtoBのサービスを展開する企業にとっては相性のいいサービスといえます。ただし、日本国内のユーザー数は100万人程度(2016年12月現在)と少ないのが現状です。

まとめ

以上、企業のホームページを無料で作成できるサービスをご紹介してきました。「とりあえず速く作ってアップしたい」、「じっくりと自分の納得のいくページを作りたい」、などニーズはそれぞれだと思います。ぜひ、いろいろなサービスを試して、ご自分にあったものを選んでいただければと思います。

クラウド会計でらくらく業務効率化!

会社設立や税務顧問に関するご相談は何度でも無料

  • 0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)
  • 無料相談のお申込み

この記事が役立ったら、シェアをお願いします

0120-018-552 受付時間 9:00~21:00(土日祝対応)

  • 資料請求
  • 無料相談のお申込み