ギャングルで得た金額にかかる税金の仕組みとは

「ギャンブルをやろう!」そう考える多くの方の頭の中には、税金という二文字はほとんど皆無かと思います。

しかし、ギャンブルによって大金を得たとなれば、仕事で得たお金と同じように、金額に見合った税金がしっかりと掛かってくる事を頭に入れておく必要があります。

統計によると、世界中で成人のおよそ30%の人々が毎年ギャンブルを楽しんでいます。しかし、人口の多いアフリカ大陸にはまだそこまでギャンブルをする場所や文化が多くは存在しない為、それを踏まえて30%越えという数値は、人々のギャンブルに対する関心の高さを物語っているでしょう。

ギャンブル大国でもあるアメリカでは、なんと80%もの人々が1年に1度はギャンブルを経験するという驚きの数字が出ています。

アメリカの成人の80%を人工で表すと、なんと2億500万人にものぼります。単純計算でその全員がギャンブルの税金として1ドル支払うだけでも、およそ2億500万ドルという膨大な税金額になります。

そして、例えカジノで大金を得たとしても、国税局によって多くのお金が税金として徴収されてしまうのはご存じでしょうか。具体的には、カジノにおいては勝ち分から24%もの金額を差し引かれます。確定申告の際に、勝った金額と納税額を記録することで、運が良ければ税金が戻ってくるかもしれませんが、最悪の場合支払う税金の金額が増えます。また、その場でディーラーなどに差し引かれ無かったとしても、ブラックジャックなどで得た勝ち分の金額は後々税金として申告しなければならない事がほとんどです。なぜ、ほとんどなのか。それは例外“も”あるということを意味します。スロットマシンの様な完全に運任せのギャンブルとは違い、前述にあるようなブラックジャックやルーレット、クラップスと言った一定のスキルを有するギャンブルに分類されているゲームにおいては、カジノ側は勝ち分から税金を差し引いて渡す必要が無いというアメリカ国税庁が定めたルールがあるからです。

アメリカにおいて多くのプロギャンブラーは損失が出た時はスケジュールC (個人業の収入と損失)によって経費として申告する事で、重い税制から逃れるという選択を取る人もいます。しかし、どれだけ節税対策をしようと、得た賞金には何らかの形で税金がかかることには変わりはありません。州によってルールは違い、例えば現在A州にいるプレイヤーが賞金をB州で獲得した場合の税率の計算方法においても、どちらの税率が適用されるかで金額は変わってきます。

ギャンブルを楽しくプレイして頂き、出来れば勝って喜んで頂きたいと思っています。

しかし、せっかく買っても後々諸問題に巻きこまれて大変な思いをするのは避けたいところです。この記事では、ギャンブルによって得た税金についての計算方法から支払い方法などについて、読者の皆様に出来るだけ分かりやすいように伝える事を目的としています。

安全に、そして楽しくギャンブルをして頂く為にも一度目を通してみてはいかがでしょうか?